防水工事

部分的な塗装も喜んでお請けいたします!

ビルやマンションの屋上やベランダ、バルコニーなどの雨水が溜まりやすい場所では、塗装よりも防水工事が有効です。

ひび割れや傷んだ箇所を補修しつつ防水層を作り、下層への水の浸入を防止します。
防水工事は通常の塗装よりも漏水を防ぐことに特化しているので、建物を水から守り、資産価値を高めます。

防水の工事方法は大きく分けて三種類ありますが、当社では適材適所の防水工法をご提案しておりますので、どうぞ安心してご依頼ください。

ウレタン防水・シート防水・FRP防水

■ウレタン防水
液状のウレタン樹脂を表面に塗布し、化学反応で硬化させ、ゴム状の防水膜をつくる防水工法です。
液状なので凹凸がある箇所でも継ぎ目のない美しい防水層を形成することが可能で、基本的にどんな建物のどんな箇所にも施工することができます。
施工性が高く、比較的安価なことから国内トップの普及率を誇ります。

【ウレタン防水の特徴】
・低コストで軽量
・継ぎ目がなく美しい仕上がりになる
・凹凸のある複雑な場所でも施工可能
・既存の防水層の種類を選ばず、環境にも優しい

■塩ビシート防水
工事自体の難易度が高く、施工できる業者も少ないのが塩ビシート防水。
接着材で防水シートを下地に貼り付ける「接着工法」と固定ディスクを用いて防水シートを下地に固定する「機械固定工法」があります。

これまで使っていた既存の防水材に被せて施工することができ、耐候性・メンテナンス性に優れていることから長期的に使いたい場合にオススメです。

【塩ビシート防水の特徴】
・短工期で軽量
・耐候性、メンテナンス性が高い
・既存の防水層の上から施工可能

■ゴムシート防水
安価で軽量なだけではなく伸びるゴムシートは、建物の収縮にも追従する優れた防水材です。
複雑な形状をした箇所への施工は不向きですが、比較的短工期かつ低コストといったメリットがあります。

しかし、シートの厚さが1.2mm~2.0mmと薄いため、鳥害など外部からの衝撃に弱いので、外部からの影響を受けにくい場所への施工がオススメです。

【ゴムシート防水の特徴】
・低コスト
・短工期で軽量
・伸縮性、耐候性が高い

■FRP防水
FRP防水は、軽量かつ強靭で耐水性、耐食性、耐候性に優れた防水工法です。
防水層の上にトップコート仕上げを行うことで、人の歩行にも長期間耐えることが可能です。
ベランダやバルコニーなどで多く採用されている理由は、やはり「人が頻繁に上を歩いても大丈夫だから」というところが大きいです。

【FRP防水】
・短工期
・重歩行や車両の走行も可能
・継ぎ目のない美しい仕上がり
・強度、軽さ、耐水性、耐熱性、耐久性が高い
・トップコートのバリエーションが豊富

【代表直通】090-1619-3693
【営業時間】9:00~21:00 定休日:日曜日(お問い合わせ・ご相談可)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】千葉県松戸市中心に、関東エリアにお伺い

一覧ページに戻る